2006年以降の履歴へ

2005年以前の履歴

2005.6.02 

地方自治体管理物質として福島県管理物質を追加

2004.5.05 

英語ページ暫定版; AQUIRE, NOYAKUの構造式表示

2003.11.04 

分析法データベースの化学物質詳細情報画面から、環境省測定結果一覧を閲覧できるようにした。

2003.09.06 

リンクの一括修正を行う。

2003.07.22

分析法データベースをEnvMethod 環境測定法データベース として独立。

2003.07.07

Aquireデータベースを最新版(2003.05.05 Updated)に更新した。

2003.07.05 

リンクをはずしていたKIS-NETの一括表示の修正を行い、追加する。

2003.07.03 

Aquireの検索式の更新。分析法データベース(EnvMethod)の移行準備、限定試行。

2002.12.11 

H11.10-H12.9(平成12年農薬年度)の農薬の県別出荷量(農薬要覧 -2001- 日本植物防疫協会より算出)をウェブ上に追加した。農薬データベースの県別出荷量において、農薬要覧 -1999-の植物成長調整剤の農薬コードが未入力であった誤りを修正し、再計算を行った。農薬要覧 -2002- 関連の作業を行う。

2002.11.15

構造式(ChemDrawファイル)を表示できるようにした。

2002.11.12

要調査項目のリストを追加しました。

2002.9.6

「PRTR(環境汚染物質排出移動登録)について」のリンク先がデッドリンクになっていたので、修正した。また、PRTR2種の化合物リストからkis-plusへのリンクが機能していなかったので、修正した。

2002.7.7

分析法データベースに白本、要調査項目のpdfを作業の都合で試験的に追加した。

2002.7.2

化学物質環境動態モデルのホームページの開設に伴い、同ページへのリンクを追加した。また、説明をモデルデータベースの説明へのリンクに変更した。

2002.4.22

MNSEM2ダウンロードページへのリンクが正規のページに貼られていなかったため、修正した。

2002.4.10

東京都の管理物質リストを、環境確保条例(平成13年10月)により定められた57物質に更新した。

2002.2.20

1日サーバーを停止する。ファイルの修正を行い、再開する。

2002.1.31

農薬データベースの県別出荷量において、植物成長調整剤の農薬要覧の単位の記載が、1995年度から変更になっている点を変更せずに計算していた誤りを修正。ピラゾスルフロンエチル、トリアジン、カルプロパミド、エトプロホス、フラメトピルの化合物名の誤りを修正、および農薬の含有量のタイプミスの修正を行い、すべての値を更新した。

2001.10.17

AQUIREデータベースの検索に化合物名で絞込みをかけられるように設定した。

2001.9-10

米国EPAAQUIREデータベース(2001.05.16 update版)から特定の化合物の情報を検索するサイトを追加した。

2001.2.14

イソペンタンは消防法4類に該当し特殊引火物となっています。引火点は、−20度C以下となっていました。データベースの構造上「以下」と表示できませんので、引火点を削除し、記述情報に「引火点−20度C以下」と入れた。また、名称については、消防法では「イソペンタン」、IUPACでは「2−メチルブタン」
となります。日本語別名に「2−メチルブタン」を追加しました。ピリプロキシフェンの原体番号の重複を修正(1146を削除ともろもろの修正)した。

2001.1.16

H10.10-H11.9(平成11年農薬年度)の農薬の県別出荷量(農薬要覧 -2000- 日本植物防疫協会より算出)を追加

2000.12.9

CAS   :592-41-6 
物質名 :1-ヘキセン
融点  :139.9→ -139.9(ユーザーからの指摘による修正)

2000.10.12

シアンサンナトリウム
CAS番号:917-61-3
CHEM_ID:6790
kis−netのデータは、11ppmを、110,000ppmに修正 
出典:「毒物劇物取扱の手引」厚生省薬務局安全課編 時事通信社
「水100mlに16度で10.68g溶ける」

2000.10.5

水溶性の訂正
水溶性(ppm)が違っていました。単位換算時の間違いです。
物質名:硝酸鉛、CAS番号:10099-74-8
正:388000
誤:38.8

CAS番号の訂正
CAS番号が間違っていましたので訂正しました。
物質名:トリス(2−エチルヘキシル)リン酸
正:78-42-2
誤:1806-54-8 トリス(n−オクチル)リン酸

2000.7.10

新サーバー(Gateway Performance 700)への移行を開始する。

2000.5.26

農薬原体出荷量の地図情報への変換を容易にするため、エクセルへのダウンロード方法の説明の追加。

2000.5.17-18

<form>+sub.asp形式から<a href=xxx?id=xxx>形式に変更し、前の画面に戻れるようにする。

2000.5.6

フレーム構成の変更

2000.5.2

農薬県別出荷量をグラフ表示する

2000.4.29

環境庁H12.04.24 PRTRページの第一種指定化学物質及び第二種指定化学物質リストより、PRTR物質リストの更新

2000.4.26

1997/4/26環境庁水質保全局土壌農薬課 ゴルフ場で使用される農薬による水質汚濁を防止するため今まで30種類の農薬の指針値があった。今回新たに5種類の農薬の指針値が設定された。アセフェート0.8、メタラキシル0.5、ピリブチカルブ0.2、の指針値を入力、テーブルPRIORITYになかったジチオピル0.08、トリクロピル0.06を追加して指針値を入力

2000.4.5

2000/1/21の指摘により、KS_CD=3188:分子量174.19、比重1.075-1.068(25度-25度)。KS_CD=5926:比重1.49−1.49(25−25)。KS_CD=6846:比重0.870に修正する。物性の「溶解度の記述」を新たなテーブルとする。項目を、メモ型から数値型に変更する。農薬の使用量(農薬要覧99年度)の更新を終了。農薬の構造内での項目移動による不具合発生、修正。(テーブル内で順序を入れ替え、RS(1)の参照がずれる。)

2000.4.4

農薬の使用量(農薬要覧99年度)の更新を開始。試験運用中、但し、未完成。

2000.3.31

Kis−Netの表示方法の改定作業。CAS番号:108−05−4、CHEM_ID:315、物質名:サクサンビニル、項目名:発火点、訂正前:100、訂正後:402

2000.1.8

Kis−Net:比重測定温度の最大値と最小値の逆転を修正(215個所)。番号5513のCAS(132217-52-8)を修正し3618-72-2とする。

1999.12.14

農薬データベースのフレーム構成とスクリプトの変更。

1999.12.4

農薬データベースに構造式等表示の暫定運用を再開する。農薬リストなどがあります。

1999.11.8

CAS=1435-49-0を1435-48-9に変更

1999.10.2

神奈川県環境科学センターのkis-netのWWW版や、科学技術振興事業団(JST)の「生体影響化学物質データベースナビゲーションシステム」が便利です。

1999.7.12

農薬リストの表示、構造式等表示(暫定運用)を内容確認のため中止する。

1999.6.21

農薬データベースに日本での登録農薬を中心に農薬リストの表示、構造式等表示(暫定運用)を追加する。

1999.5.28

CAS番号による直接リンク。CAS番号リストの公開   ( 科学技術振興事業団、JSTの物質関連データベースの依頼に対応する。)

1999.5.7

農薬の含有量などを追加、修正し、農薬の県別出荷量1992−1998年を完成する。

1999.4.20

分析法データベースに「外因性内分泌撹乱化学物質調査暫定マニュアル」を追加する。

1999.4.6

MNSEM2のオンラインによる配布を開始する。



第U期 終了

1999.3.24

農薬の県別出荷量1992−1998年を追加、試験運用

1999.2.20

環境挙動・暴露の予測(MNSEM2)

1999.1.14  (平成11年)

農薬データベースを追加しました。

分析法データベースを追加しました。



<・・平成10年 省略・・・・・>

1997.11.28(平成9年)

WebKis-Plusを開設する。(WWW版、Kis-Plus)



平成9年〜10年度  第U期 開始

平成6〜8年度 第 I 期終了

物質関連データ(化学物質、食品成分、表面分析)のデータベース化に関する調査研究



2006年以降の履歴へ