リンク集


【国 内】


-法人-

国立研究開発法人国立環境研究所(NIES)
   ・化学物質データベース WebKis-Plus
   ・生態毒性予測システム(KATE)
   ・環境測定法データベース EnvMethd
   ・動態予測シミュレーションモデル MuSEM
   ・Multi-phase Non-Steady state Equilibrium Model Windows版 MNSEM2
   ・環境数値データベース

神奈川県環境科学センター
   ・化学物質安全情報提供システム(kis−net)

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)
   ・化学物質総合情報提供システム(CHRIP)
   ・初期リスク評価書
   ・有害性リスク評価書
   ・GHS関連情報

国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST)
 化学物質リスク管理研究センター
   ・詳細リスク評価書

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
   ・化学物質リンクセンター(プロトタイプ版)

安全衛生情報センター(JAISH)

独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)
   ・農薬登録情報検索システム

国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)
   ・既存化学物質毒性データベース Japan Existing Chemical Data Base(JECDB)
   ・毒物及び劇物取締法(毒劇法)
   ・国際化学物質安全性カード(ICSC)-日本語版-

財団法人日本食品化学研究振興財団
   ・残留農薬等基準

社団法人日本工業協会

独立行政法人国立印刷局
   ・インターネット版「官報」

日本産業衛生学会(JSOH)

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

財団法人化学物質評価研究機構(CERI)
   ・有害性リスク評価書

社団法人日本化学物質安全・情報センター(JETOC)

一般社団法人日本植物防疫協会


-官公庁-

環境省経済産業省厚生労働省
   ・化審法データベース(J-CHECK)

環境省
   ・法令・告示・通達 
   ・化学物質環境実態調査 −化学物質と環境−
   ・化学物質の環境リスク初期評価関連
   ・化学物質の生態影響試験について
   ・化学物質の内分泌かく乱作用について
   ・化学物質審査規制法ホームページ
   ・PRTRインフォメーション広場
   ・水環境関係
   ・土壌関係
   ・大気関係
   ・地下水・地盤対策関係
   ・REACH関連情報
   ・GHS関連

経済産業省
   ・化学物質管理政策
     ・化学物質審査規制法(化審法)について
     ・Japanチャレンジプログラムについて
     ・化学物質排出把握管理促進法(PRTR制度/MSDS制度)
   ・化学物質の製造・輸入量に関する実態調査
   ・GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)

厚生労働省
   ・厚生労働省法令等データベースシステム
   ・化学物質安全対策室のホームページ
     ・化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)ホームページ
     ・化学物質排出把握管理促進法関係(PRTR)
     ・毒物劇物の安全対策
     ・化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)仮訳

総務省
   ・法令データ提供システム

農林水産省
 動物医薬品検査所


-企業-

アーティクルマネジメント推進協議会





【国外】


-国際機関-

UN:United Nations(国際連合)
 UNECE:United Nations Economic Commission for Europe(国連欧州経済委員会)
   ・GHS:The Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals 化学品の分類および表示に関する世界調和システム
IPCS:International Program onChemical Safety(国際化学物質安全性計画)
   ・InChem 化学物質関連の公開データベース
   ・EHCs:Environmental Health Criteria Monographs 環境保健クライテリア
   ・CICADs:Concise International Chemical Assessment Documents 国際化学物質簡潔評価文書
   ・JMPR - Monographs & Evaluations モノグラフ
 UNEP:United Nations Environment Program(国際連合環境計画)
   ・SAICM:Strategic Approach to International Chemicals Management 国際的な化学物質管理のための戦略的アプローチ
   ・UNEP Chemicals
 WHO:World Health Organization(世界保健機関)
   IARC:International Agency for Research on Cancer(国際がん研究機関)
 ILO:International Labour Organization(国際労働機関)
   ・ICSCInternational Chemical Safety Cards 国際化学物質安全カード

OECD:Organization for Economic Co-operation and Development(経済協力開発機構)
   ・eChemPortal 化学物質関連の公開データベース
   ・QSAR Application Toolbox QSAR(定量的構造活性相関)ツールボックス
   ・EHS:Environment, Health and Safety Program 環境保健安全プログラム
   ・OECD Integrated HPV Database 高生産量化学物質の有害性評価プログラム


-欧州-

EU:Europian Union(欧州連合)
  ・REACH:Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals 化学物質の登録・評価・許可・制限に関する規則
 ECB:European Chemicals Bureau(欧州化学品局)
 IHCP:Institute for Health and Consumer Protection
 JRC:Joint Research Centre(共同研究センター)
   ・ESIS:European chemical Substances Information System 欧州化学物質情報システム
     ・EINECS:the European Inventory of Existing Commercial Substances 欧州既存商業化学物質リスト
     ・ELINCS:the European LIst of Notified Chemical Substances 欧州新規届出化学物質リスト
     ・NLP:the list of No-Longer Polymers もはやポリマーとされない物質リスト
     ・IUCLID:International Uniform ChemicaL Information Database 国際統一化学物質情報データベース(ECHAIUCLID)
   ・EU-RAR:EU Risk Assessment Report リスクアセスメントレポート
   ・EU Risk Phrases リスクフレーズ
   ・EUSES:European Union System for the Evaluation of Substances 欧州化学物質影響評価システム

ECETOC:European Center of Ecotoxicology and Toxicology of Chemicals 欧州化学物質生態毒性・毒性センター
   ・Aquatic Hazard Assessment U Technical Reports No.91 毒性データベース


-オーストラリア-

NICNAS:National Industrial Chemicals Notification and Assessment Scheme (豪州工業化学品届出・審査組織)
   ・AICS:Australian Inventory of Chemical Substances 豪州既存化学物質インベントリー


-ドイツ-

GDCh:Gesellschaft Deutscher Chemiker-German Chemical Society(ドイツ化学会)
   ・BUA reports:GDCh Advisory Committee on Existing Chemicals ドイツの既存化学物質に関する有害性評価文書


-米国-

EPA:Environmental Protection Agency(米国環境保護庁)
   ・TSCA:Toxic Substances Control Act 米国有害物質規正法インベントリー
   ・IRIS:Integrated Risk Information System 統合リスク情報システム
   ・ECOTOX:ECOTOX icology database 毒性データベース
     ・AQUIRE:AQUatic toxicity Information Retrieval 水生生物データベース
   ・EPI Suite:Estimation Program Interface (EPI) Suite 物理化学的性質及び環境動態予測プログラム
   ・ECOSAR:Ecological Structure Activity Relationships 米国生態毒性構造活性相関ソフトウェア

NLM:National Library of Medicine(米国国立医学図書館)
   ・TOXNET:Databases on toxicology, hazardous chemicals, environmental health, and toxic releases 統合リスク情報システム
     ・HSDB:Fact Sheet Hazardous Substances Data Bank 有害物質データバンク

HHS:United States Department of Health and Human Services(アメリカ保健社会福祉省)
 CDC:Centers for Disease Control and Prevention(アメリカ疾病予防管理センター)
   ・NTP:National Toxicology Program 米国国家毒性プログラム

NIOSH:National Institute for Occupational Safety and Health(米国国立労働衛生研究所)
   ・RTECS:Registry of Toxic Effects of Chemical Substances NIOSH毒物学データ

ACGIH:American Conference of Governmental Industorial Hygienists(米国産業衛生専門家会議)
   ・Documentation of the TLVsョ and BEIsョ with Other Worldwide Occupational Exposure Values ACGIH許容濃度


-カナダ-

CEPA:Canadian Environmental Protection Act(カナダ環境保護法)
   ・DSL:Domestic Substances List カナダ国内物質リスト
   ・NDSL:Non-Domestic Substances List  カナダ非国内物質リスト
   ・Priority Substances Assessment Program:化学物質のヒト健康と生態系への評価