ピレスロイド pyrethroid
ピレスロイドって?
ピレスロイド(pyrethroid)とは、除虫菊(Chrysanthemum cinerariaefolium Bocquilon)に含まれている天然の成分(殺虫成分:天然ピレトリン)と、これと化学構造のよく似たピレトリン類似の合成化合物(合成ピレスロイド)を総称して、ピレスロイドといいます。現在、天然のピレトリンの化学構造を改変する研究を通して、物理的および化学的特性が改善され、数々の合成ピレスロイドが製造され、殺虫剤として広く利用されています。
◆ピレスロイドの種類 (天然ピレスロイドと合成ピレスロイド)
<天然ピレスロイド>
・・・酸(菊酸)とアルコールからなるエステル化合物で、殺虫成分が含まれています。(天然ピレスロイドは、菊酸を共通構造に持っています)。
除虫菊
キク科の多年草でシロムシヨケギクともいいます。
・ピレトリン(Pyrethrin)
・シネリン(Cinerin)
・ジャスモリン(Jasmoline)
など C21H28O3 Pyrethrin 1
<合成ピレスロイド>
・・・天然のピレトリンの化学構造を改変して、数多くの合成ピレスロイドが開発されました。一番最初に製造された合成ピレスロイドが、アレスリンです(アルコール部分の改変)。
・アレスリン(Allethrin)
・ペルメトリン(Permethrin)
・レスメトリン(Resmethrin)
C19H26O3 Allethrin
・フラメトリン(Furamethrin)
・フェノトリン(Phenothrin)
・エトフェンブロックス(Etofenprox)
・メトフルトリン(Metofluthrin)
・フタルスリン(Phthalthrin)
・シフェノトリン(Cyfluthrin)
蚊取線香
ピレスロイドを原料にして製造されています。
など C25H28O3 Etofenprox